• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

中国CATL、リチウム資源開発に14億ドル投資 ボリビア政府と合意

36
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

選択しているユーザー

  • 配信メディア


注目のコメント

  • バッテリー スペシャリスト

    ナトリウムイオン電池を量産しつつも、LiB向けにリチウム増産もしくは、安価なリチウムの確保は必要だったということでしょう。

    CATLは以前カナダのリチウム権益を確保出来ずに終わり、またIRAにより北米でのリチウム確保が難しくなり、ナトリウムイオン電池を量産することでリチウム依存を脱却する動きをしてました。

    (参考)「ミレニアル・リチウム」、4カ月の争奪戦決着。中国CATL、リチウム・アメリカズに土壇場で奪われる
    https://newspicks.com/news/6384737


  • 法政大学大学院 / 機械工学専攻 NewsPicks Curationインターン

    ボリビアにはリチウム資源が2100万トンあると推定されているそうです。

    こちら参考までに。↓↓

    「中国CATL株急落、モルガンSが「アンダーウエート」に判断下げ」
    https://newspicks.com/news/8533146

    「次世代電池業界地図、30年超ぶりの革新技術実用化ラッシュ」
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/08070/


  • マイクロ波化学株式会社 事業開発マネージャー

    川下のメーカーが上流に登ってきてバリューチェーン全体を確保しようとする動きが加速しそうですね。リチウムに限らず。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか