• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米GDP、1.0%増予想 FRB、23年10~12月期

20
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト

    アメリカの生産者物価指数(PPI)は、一時の11%超えから1.1%にまで低下しています。この数字はかなり鈍化した印象です。この辺りの数字も米国経済にはプラス。PPIの下落は、エネルギー価格の下落が寄与しています。 PPIは売り手側の価格の変動を指数化したもの。米国の労働省が、米国内の製造業者の販売価格を約1万品目について調査し発表します。消費者物価指数CPIに直結するわけではありませんが、企業間のやり取りの値段が上昇していると間接的にCPIにも影響します。今回の鈍化はCPIにも間接的にプラスと捉えられるでしょう。

    https://www.bls.gov/charts/producer-price-index/final-demand-12-month-percent-change.htm


  • badge
    日本総合研究所 理事

    景気・雇用には思ったほど急ブレーキがかからず、一方でインフレは着実に低下しているので、軟着陸の可能性が高まっていると思います。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    利上げに伴う金融不安が今のところ最小限に食いめられていることが大きいですね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか