• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米上院、債務上限法案可決まで会期継続=民主上院トップ

53
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    増税で社会福祉の強化を唱える強硬派を抱える民主党も、流石にここまで来ると、たとえ妥協を心良しとしなくとも自らが多数を占める上院で流れを止めることは流石にしないでしょう。他に選択肢が乏しいバイデン大統領の党内基盤が大きく揺らぐこともなさそうで、財政問題が蒸し返されるのは次の大統領選の時ですね、たぶん。
    英国はトラス政権が赤字拡大を巡って昨年市場の洗礼を受けましたし、EUは健全財政を旨とする国々が一定の立場を得て仕組みを作っています。財政法を実態的に葬り去って財政赤字の拡大に何の躊躇いも無い、というより、右派も左派も財政拡張を唱えて止まないのは先進国で我が国くらいじゃないのかな・・・ そうであるにも拘わらず我が国の本質的な成長力が、こんな騒ぎを起こす米国はおろか欧州より低いのは何故なのか。不思議に感じる人は稀有なのか (・・?


  • 立憲民主党 衆議院議員

    日本は債務の上限をほとんど意識しない。少子化対策も防衛費も平気で財源議論を先送りしている。どちらが、より健全なのか。両国の経済の現状を見れば明らかではないか。


  • ユニアデックス株式会社 未来サービス研究所 主席研究員

    会期延長は簡単にできるんですね。
    このぐらいの柔軟性は必要です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか