• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

クリーブランド連銀総裁、利上げ停止「やむを得ない」と認めず=FT

9
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    東京藝術大学大学院修士2年/Senjin Holdings 代表取締役

    一般的に銀行が利率を上げると企業の借り入れコストが上昇し、消費や投資が抑制されるとされています。つまり、全体的な経済活動が一時的に弱まるということです。その場合、制度の大きな変化がない限りは当然税収も低下します。

    もちろん見方は様々で諸説ありますが、今まさにデフォルト危機を迎えているアメリカで利上げを行うのは、ある意味自分で自分の首を絞めるような行為とも捉えられます。
    総裁の「やむを得ない」という発言の文脈はそのように理解すべきでしょう。

    一方、クリーブランド連銀はインフレーションの研究を積極的に続けてきていて、サプライチェーン(原材料の調達から小売までの流れ)に注目した調査なども多く行っています。経済政策にも当然関わっているわけですから、非常に難しい判断を迫られているのだと思います。


  • 無し

    メスター総裁は元々タカ派だから。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか