今日のオリジナル番組


詳細を確認
岩合光昭と「にゃんこ」の目線
本日配信
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょうど大阪に短期出張してて米ドルに換算すると何でも安すぎる。昨日は市内でラーメンと餃子をランチに食べて700円だった。5ドル以下だから他の先進国ではスタバでカフェラテも飲めない金額
新型コロナウイルスが襲う直前の経済規模を100として昨2022年の実質的な経済規模を測ると、米国105.1、EU103.1に対し、我が国は98.8に過ぎません(IMF,4月報告)。コロナ禍からの回復で我が国は大きく出遅れました。しかもこの間、我が国はGDP対比の借金を欧米諸国以上に膨らませ(下記参照)、異次元緩和という名の異常な通貨毀損策を続けているのです。経常収支の黒字幅も減っている。いずれも日本の国力低下を思わせます。
彼我のインフレ格差を考えれば高くなってこそ購買力が維持できる円が、ここまで安くなるのは何故なのか。短期的な変動理由は様々考えられますが、その背景に日本の国力低下があることは明らかです。金融緩和と財政支出の拡大でこれを止めることは出来ません。中長期的な通貨の強弱は国経済の強弱の反映です。いまなお円安を喜ぶ向きが多いようですが、日本の購買力が世界の中で急速に落ちているのは確かです。真剣に悩む必要がありそうな・・・ (・・;ウーン
【2022年のGDP対比の政府の借金。()内は2019年との差】
日本   2.61倍(+0.25)
米国   1.29倍(+0.13)
カナダ  1.06倍(+0.16)
フランス 1.11倍(+0.14)
ドイツ  0.67倍(+0.08)
イギリス 10.3倍(+0.18)
イタリア 1.45倍(+0.11)
つい数か月前は7月から米利下げが織り込まれてましたが、いまでは7月までさらに利上げが織り込まれてますから、それはドル高になりますね。
円安は海外からの観光客が増えるので良いことかもしれませんが、日本を安売りしているだけの気がして悲しくなります。
長い歴史をかけて作った風習や食文化、そして丁寧に作ってきた日本の街並みやインフラ、さらにどこにも負けない自然を円安で安売りする必要があるのでしょうか。
日本に住んでいる日本人にとって円安は物価高になり生活が大変になるだけです。
目先の為替変動は金利差で語られることが多いですが、中長期的なトレンドで見た場合、経済が成長しておらず、貿易で稼ぐことができず、財政の健全性が損なわれつつあるといったことも影響しているのではないかと思います。
140円台半ばに向かうと『悪い円安論』が再燃しそうです。物価高による国民生活の圧迫。あまりに悪い円安が出てくると、日銀としても長期金利を触らざるを得ない可能性がありそうです。
不謹慎かもですが、収入がドル建てで日本出張が多い身としてはめちゃくちゃ嬉しいニュース、、、
#アメリカ は、#リセッション に入ったというアメリカ人も多いですが、数字を聞くと、まだ景気は底堅いですね。
#円安 は、まだ続くか…
私の予想どおり。

というか、今アメリカは金融不安で揺れており、それがなかったら、もっと早く円安が進行してたはず。

アメリカは、なんとしてもインフレを抑える方針だ。今迄でのケースから考えて、金利は、10%を超えるところまでいくかもしれない。すでにスタグフレーションの状態で、政治的には非常にまずいが、インフレ抑制のほうが先というのが、歴代のやりかた。

植田総裁が何もしなければ、円安は進行する。しかし、日本が金利をあげたら、日本経済には大打撃だ。要するに、何をしても、うまくいかない。ロシアが戦争終了してくれるのが、随一の希望。
円相場が去年11月下旬以来、半年ぶりに1ドル140円台まで値下がりしました。アメリカの1-3月のGDPの伸び率の改定値が市場予想を上回り、FRBが利上げを続けるとの観測がでたことが影響しています。