72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オルツさんは、かなり前から「P.A.I(Personal Artificial Intelligence」の開発に取り組まれていました。

当時は、その先見性の高さから、具体的な開発内容になかなか想像がつきにくかったのですが、昨今の生成系のAIの進化も手伝って、そのご構想が具体的な姿をもって公開された格好です。

映像からするとまだ少し発話などに堅苦しさがある印象ではありますが、今年8月にサービス開始を検討されているとのこと、さまざまなビジネス・生活シーンで活用が進むことを期待させていただきたいです。
オルツは独自のパーソナルAIを10年前から研究開発しています。生成AIブームを見越していたかのようです。米倉さんのクローンAIは数年前にも見ましたが、似すぎてちょっと怖い感じもしました。さらに進化した米倉さんクローンAIを見てみたいです。

オルツのクローンAIは、会話だけでなく顔画像や声質も本人を学習しています。その技術力は極めて高いです。だから、似ている感が半端ないです。

自分のクローンAIが欲しいと思うときは多々ありますが、リモート営業に応対してもらうのは、ぜひやりたい。面談結果は生成AIの要約みれば十分でしょう。

一方で、会社の部下・同僚に勝手に応対してもらうのは、やや気まずい感じもします。もっともお互いそうなれば関係ないかもしれませんが。むしろ経営者クローンAIに対して、稟議や申請のプレゼン事前練習に使うのがよいですかね。
リアルタイムでイベントを見ていました。
デジタルクローン同士が会話を始めた際に、「あーやばいなこれは(いい意味もちょっとだけ怖いのも含めて)」と思いました。同じ質問を投げ掛けても、「よくわかりません」という答えを出すクローンもあれば、真面目に回答しているクローンもあるなど、その人の様子をかなり再現していたとおもか
デモを動画で見ましたが、凄まじいですね。独自の言語モデル作っているらしく、そちらもすごい。
最高に楽しい。
エージェントは約30種類で、職種は内科医や弁護士から教師まであるそうな。
それだけあれば、自分のサポートアシスタントとして使い出ありそう。

適用の裾野が幅広い。ただ、それだけに大手もドシドシ参入しそうでもある。
ことし8月、正式にサービスを開始する予定なのだそうです。