14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共和党と民主党の歳出削減案を分析した結果をレポートしています。24年の大統領選挙を考えれば、失業者を増やし、リセッションを加速する歳出削減は避けて通りたいはず。

特に共和党は傷が深くなる一方です。米国債務上限引き上げの合意を伸ばすだけ、主張内容の分析が進みイメージダウンになるだけ。幕引きのタイミングを失うと、とんでもないことになります。
株価から見る限り、マーケットはリセッションを織り込んでいないと思います。
アメリカの債務上限問題、交渉は山場を迎えていますが「合意がまとまっても犠牲を伴うものになる」とBloombergのリポートは指摘しているそうです。