• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

バイデン米大統領、G7欠席も=債務上限問題「進展なし」

179
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    確かに債務上限問題はG7出席よりも国内問題だけでなく、国際的な影響を考えても重要。ただ、「G7欠席の可能性」がどれだけマッカーシー下院議長に対する牽制になるのかどうかという部分はみえないところ。


  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    う~ん、岸田首相としてはアメリカ抜きのG7の議長国というのはちょっと想定外だろうな…。まあ、その方がやりやすいところもあるかもしれないが、ちょっとG7の重みがなくなる。債務上限問題が大事なのはわかるけど…。


  • badge
    金融・企業財務ピッカー / 京都大学大学院在籍

    議会が債務上限で対立する中で、米国地銀問題が真空化してしまうのが個人的に心配です。銀行セクターがしっかりしていないと、製造業も、商業用不動産も、MBSだってがたつきます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか