156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旅行者が大量に市内に流れ込んで来ていることで住民生活に支障が出ているのは事実です。まずは実態調査を実施して現状把握と原因追究をすべきだと思います。ゴールデンウィークなどの旅行シーズンの混雑や渋滞はインバウンドが本格化する前から起きていました。ニュースを読むと訪日外国人旅行者だけが混雑の原因のようにも受け取れますが決してそれだけではありません。市内混雑を根本的に解決するには、旅行シーズンの需要ピーク対応だけでなく通年で適正な受入環境を整備するために「都市としてのあり方」から見直すことが必要だと考えます。
人員不足にしてもコロナ前から既に起きていたことです。人口減少社会であることを分かっていながらほとんど何も手を打たずに今に至ってしまっただけです。採用条件や給与を少し良くしたぐらい(やらないよりはマシですが)で補える問題ではないのです。
個人的に気になったのは、伊賀忍者の修行体験が京都市内で行われていたことです。三重県出身者としては伊賀市内で修行して欲しいですね。
増え続ける海外からの旅行客、ホテルも飲食店もタクシーも体制を整えられずオーバーツーリズムに突入しています。
京都のような観光地はかなり前からこういった状況はありましたが、日本は観光立国だという認識を持ち、あらゆることを変えていかなければいけない時期にすでに突入しています。

3月31日に閣議決定した「観光立国推進基本計画」のうち、特に”持続可能な観光地域づくり”ができていないために、オーバーツーリズムに対応しきれていない現状が浮き彫りになっていると思います。

PR視点からですと、地方自治体の観光PRにおいて焦点となるのは”土地の魅力をいかに見せていくか”になりがちなのですが、その地を訪れる前から訪問中までの全てに、観光客に魅力を感じてもらうことが必要になってきます。移動が困難、食事がとれない、となると不満が募り、満足度は下がります。
Instagramなどで土地の魅力はたっぷり伝えられますので、”体験”の魅力のための持続的な体制を整えことが急務でしょう。そこを含めてPRをしていくことが重要だと思います。
タクシー不足はオーバーツーリズム前からそうですね。
ある運転手に聞いたところ、コロナで高齢ドライバーが多数リタイアしてしまい、いざ需要が戻っても高齢で2~3年も職場から離れると、運転感覚が失われて戻れないという方が多いようです。
需要が急増する中、供給体制の構築には相応の時間がかかるので、確かに記事の様な課題はあります。
一方で、日本が「稼ぐ」産業でもあるので、ここはしっかりと価値に見合う料金をいただいて、その収入をインフラ整備・賃金向上に繋げれば(供給体制の整備に使えば)、潜在成長率の向上に寄与するでしょう。
かといって、今の日本にはインバウンド経済ぐらいしか期待できるものがない。10年ほど前は「日本には貴重な観光資源があるのに活用しきれていない」と言っていました。弊害などと言わず、前向きにとらえるべきです。

インバウンドについては「客単価」を上げることも課題。特に富裕層向けのサービス(ナイトツーリズムや美術品オークション等)を充実させることも重要だと思います。
インバウンドが増えているのは喜ばしいことですが、日本人が快適に国内旅行できるボーナス期間は終わってしまいましたね
円安や石油高騰で海外旅行もなかなか気軽には行けなくなっているので、日本でメジャーでないスポットを発掘するってのが良いのかもですね
春休みは静岡、GWは埼玉と近場を回ろうかな、と
スラムダンク効果もあり、江ノ電もオーバーツーリズム気味。地元の人々が乗れないという事態も発生しており、地元民証明を発行して優先的に乗れるようにするという動きが出ています(過去にもありました)。鎌倉高校前の踏切は、アニメのオープニングと同じ風景の写真を撮ろうとかなりの数の観光客がスマホを構えて待っています。日本は外国人観光客を想定していないようなところにも魅力があり、そうした情報も外国語で出ています。江ノ電は国内ツーリズムがありましたのでまだしもですが、想定していなかったような地域は、オーバーツーリズムというよりも、ツーリズムレディネスという視点から捉えていく必要があると思われます。
京都が本社なので改めて観光の強さを感じています。全体としては休みの分散。京都の税収だと宿泊税の見直し。個々の企業だと値上げからの内部環境投資。需要は強いのでその辺りが進めばと思います。
京都に行ったら本当に、人人人という状況です。
街全体が観光地であるため、人数制限など設けることは現実的でないにしろ、このオーバーツーリズムをどうにか改善しなければいけないだろうと思います。
もちろん観光者目線も大事ですが、タクシーや飲食店、また住人など現地のキャパも考慮に入れて、今後のあり方を議論していかないといけないだろうと思います。
同じく観光地の金沢では、タクシーが充分なので、雨でも気軽にタクシーで観光に出かける外国人旅行者が楽しそうでした。
英語は下手でも、素人よりタクシーの運転手の方だと食事の穴場とか教えてくれますし。

京都は地下鉄やバスについても色々問題が絶えませんが、京都というブランドに慢心している部分が少しずつ積み重なって、今問題が大きくなっているように感じます。