• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【驚嘆】「見逃されたがん」を見つけるAIドクターの実力

NewsPicks編集部
174
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ㍿Laboro.AI 執行役員/マーケティング部長

    スタートアップでAI開発に関わる身ですが、記事内にある

    「訓練を受けた医師との連携によって初めてAIは効果を発揮」
    「AIは医師を支える存在であるべきだ」
    「AIが医師の代わりになることには反対です」

    などの意見にはかなり同意します。

    「人工知能」という言葉は、その世界的な第一人者であるジョン・マッカーシーが1956年に名付けたことが知られていますが、彼は後のインタビューで「人工知能」という名称がインパクトのためであったこと、「計算知能」の方が呼び名としては適していたであろうことを語っています。
    https://japan.cnet.com/article/20168687/

    現代においても「AI」「人工知能」の名前のインパクトは強く、どこか魔法のツールように聞こえてしまい、人を凌駕するもののようなイメージを与えている風潮がありますが、その実力は人が用いることを前提とした計算ツールの領域を出るものではありません。(たとえChatGPTであってもです)

    実際、AIの導入をうまく進める企業の特徴は、この記事に登場される方々と同様、現実的な目線でAIというツールを捉え、その限界を理解した上で、「人がAIをどう使うか」「人の業務をどうAIにサポートさせるか」「人&AIのビジネスフローをどう設計するか」など、人を主体にしたAI活用を考えておられる点が共通しているように思います。

    一方、「AIで完全自動化する」「人の作業をAIに代替する」という思いからスタートするケースは、往々にして計算知能としてのAIの限界に直面することになり、頓挫するケースが多い印象があります。


  • badge
    NCB Lab. 代表

    医療現場でのAI活用は広くおこなわれています。医師の診察を補助する形で。このレポートにあるようなX線画像から腫瘍を発見するというのは、また別次元。画期的です。


  • badge
    Infostellar 代表取締役CEO

    たしかに画像診断のような分野では、十分な試供データがあるという前提ですが、AIのほうが人間では気がつけないような兆候を発見できそうに思います。
    願わくは今の私たちの世代がの情報が将来の子供たちの役に立ちますように。今のうちに、情報を蓄積する仕組みは確実につくって、いろいろな研究が行われていくことを願います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか