175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
獺祭をアメリカでつくるんだ!世界に向けてのチャレンジは素晴らしい!桜井さん、応援しています!

【投資額は当初計画の30億円から80億円に膨らんだ。桜井一宏社長は米国進出の狙いを「戦うステージを変え、伝統産業が世界に出るきっかけ、モデルになりたい」とした。】
たしかに「獺祭」、「十四代」あたりは香港やシンガポールでも大人気で、一部日本産ウイスキー同様、価格も高騰していた。

マーケティングとしては素晴らしいが、色々と他にも美味しい日本酒はあるのに、少し持ち上げすぎな気がする。フロントランナーとして市場を開拓してもらって、他のブランド地酒の出ていく基礎を固めて欲しい。
ついに今年の4月からニューヨークに酒蔵。どんな味になるのかきになります。

・「獺祭」来春からNY生産 日本酒の海外展開加速
https://newspicks.com/news/7872962
【経営】新たな挑戦やマーケティングという観点から考えれば面白いと思うけれども、ニューヨークで造られる「獺祭」は果たして「日本酒」(Japanese Sake)なのだろうか?日本で造るワインやウイスキーがあくまで”Japanese Wine”や”Japanese Whisky”であるように、それを「日本酒」だとは思いたくない…。

何度でも書くけれども、私は「獺祭」を飲んで美味しいと思ったことが一度もなく、マーケティング力とブランド力だけが突出しているつまらない酒だと思っている。こういうつまらない酒に「日本代表でござい」と言わんばかりの態度を取られてしまうと、知名度はないけれども本当に美味しい日本酒が埋没してしまう。
ワインやウイスキーと異なり長期保存が適さないとされる日本酒で、どのようなビジネスモデルが構築できるかが鍵と思います。
どうなるか?推移を見守りたい。