• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米マイクロソフト1万人削減発表 従業員の5%弱、景気変化に対応

272
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • Uzabase 執行役員 SaaS事業COO 兼 Data&Partnership担当

    記事によれば約1万人の解雇に伴う費用が12億ドル(約1,500億円)。米国では解雇にあたってSeverance支払いと、会社が提供する医療保険(労使で一定の比率で負担)を一定期間会社側が負担する(COBRA)の二つが一般的で、この総額が1,500億円だろうと推察。単純平均でいくと、一人当たり$120,000(約1,500万円)。ざっと、1年分を支払った感じと推察。


  • ユーザベース SPEEDA アナリスト

    米陸軍で導入が進められていたIVAS(HoloLens2改良)の導入予算が議会で否決されたことも影響をしているようです。
    ハードウェアの売上減少を見込んだポートフェリオの変更との報道もあります。

    〇Microsoft Job Cuts Hit HoloLens Unit After Setback on Army Goggles
    https://newspicks.com/news/8015735?ref=user_492304

    〇US Congress Rejects Further Army HoloLens Orders, Work Begins On New Version
    https://newspicks.com/news/8004134?ref=user_492304

    〇Microsoft says it has changed its ‘hardware portfolio’ amid layoffs
    https://newspicks.com/news/8015693?ref=user_492304


  • 不動産売買(大手)→不動産賃貸管理DX (スタートアップ)

    最近、米企業の人員削減のニュース多いですが、
    実際は米と日本では雇用環境が違うみたいで、
    日本のリストラとはイメージが少し違いますよね。
    少なくともMicrosoftは日本のどの企業よりも、
    従業員を抱えられる収益がある訳だし。

    まあ株主の自分にとってはどのみち良いニュースです。
    r>gですね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか