111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国では日本よりも医療のアクセスのハードルが高いことも影響しているかもしれません。日本のように風邪程度の症状で救急外来を受診することはほとんどなく、特に若い方で無保険の場合は病院受診は困難なため、日本よりも自分で何とかしようとする方が多いと思います。

Z世代は情報をSNSで入手するのが基本になっており、医療に関する情報もSNSやtik tok のような動画で得るという方も増えています。ビュー数目当てで民間療法を勧めたりするものもありますが、誤った情報を信じると命の危険があるのが医療情報です。悪質な情報への規制が求められます。
今やTikTokも検索対象のプラットフォームになっていますよね。今後検索を意識したコンテンツづくりも同様に日本でも求められてくるでしょう
調査対象の「健康情報」とは、どこからどこまで含むのかすごく気になります。笑

SNSで検索するトレンドは間違いなく敷衍化しているとは思いますが、
当然状況ごとで利用する媒体・方法は変わりますよね。

以下、個人的な例です。

治療まで期待したい場合→病院・クリニックへ即アクセス
患った可能性のある疾患を知りたい場合→Ubieの症状検索エンジン
症状・経過など生の声を知りたい場合やカジュアルな情報収集を目的とした場合→Twitter, Youtube, TikTokなどSNS
などなど
処方箋の割引カードを発行するCharityRxが米国の成人2000人を調査したところ、Z世代の3分の1は医師に相談する前にTikTokで健康情報を探していたとのこと。

日本でも専門的知識を短時間で紹介しているインフルエンサーをよく目にします。私も何か専門的知見を得たい時はとりあえず検索してしまいます。今後、専門的知識を得る際にZ世代がどう行動するのでしょうか。
日本でも、Googleの検索すらせずにインスタなどで写真などの情報を検索する人が増えてきたような気がします。
TikTok、あのショート画像の連続で時間を浪費してしまう印象しかない
#キャリアコンサルタント