• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

緩和「副作用に目配りも」=10月日銀会合議事要旨

3
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 東京国際大学 教授

    10月には以下のような意見があっても、12月の会合では全員一致で長期金利上昇を容認。政策委員にリフレ派がいても大勢には影響しないという事だろう。リフレ派委員が交代した時に日本経済が終わるなど聞かれたが思い込みが過ぎる。

    「複数の委員は…イールドカーブ・コントロールにより、長期金利 の上昇は抑制されていると述べ…このうち一人の委員は、イールド カーブの上昇を抑制するために国債買入れを増額していることは、流動性の供給という量の面からも緩和効果を高めているとの認識…もう一人の委員は…長期金利が低位で推移していることのマクロ経済に及ぼす便益が大きいと の見方を示した」


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか