119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまで利上げではなくレンジの拡大であり、仮に今後世界景気の後退で海外の金利が下がれば、充分日本の長期金利もレンジ拡大前の水準に下がる可能性はあるんですけどね。
そうなれば住宅ローンの固定金利も下がります。
企業でも家計でも、長期的に活用する資産に見合う借り入れは、その資産が生むリターンの変動に見合う形の長期資金で調達するのが原則です。自分が住むための不動産は家賃を払わずに済むというだけで金利変動に応じたキャッシュを生むわけではないですし、給料も金利に応じて変動するわけではありません。そうい意味で固定金利で借りるのが本来の姿ですけれど、日銀がマイナス金利政策で短期金利を長期にわたってゼロパーセント近傍に抑え込み、今後も引き上げないと約束する中で、本来的なリスクに目を瞑って極めて低利の変動金利ローンを選ぶ人が増えました。基本的に短期の資金である預金で資金調達する銀行も、長短ミスマッチが齎す金利リスクを避けるには変動金利で貸す方が有利です。かくして変動金利ローンが増えたわけですが、短期金利は引き上げない、長期金利も上げないと約束していた日銀が、長期金利の部分で突然その約束を破ったわけで、本来的に不自然な変動金利でローンを組んだ人たちが、遠からず短期金利も約束を破って上がるかも、と不安になるのは当然です。さもありなんと思います。
変動金利は短期プライムレートに連動していて、これは今回変更のなかった日銀のマイナス金利があるので、特に影響ないんですが、ネット上で「変動金利がやばい」みたいな煽りもあり、不安が不安を呼ぶ流れになってるんですかね。
旧:日本長期信用銀行の経営破綻を経て2000年に誕生。個人向け無担保ローン「新生銀行カードローンレイク」が収益の柱。ストラクチャードファイナンスも成長分野として注力。

業績