91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディズニーも虎視眈々とアジアの漫画発コンテンツを狙う。

「日本作品の強さについては「日本は世界的に見ても深い意味でのストーリー、知的財産を持っている。ただし、それらの多くは映像ではなく、漫画の形で存在している。私たちは〝井戸〟(ストーリーなどの水源)に近づきたい」と語る。今回、多くの人気漫画を抱える講談社との戦略的協業強化を発表したのも、その一環だという。

「韓国のドラマや映画も多くはウェブトゥーン(漫画)から来ている。アニメは世界で人気があり、日本は大きな可能性を秘めた国だ」」
最近ディズニープラスの躍進を実感しています。
ディズニープラスの広告がよく流れてきますし、面白そうなコンテンツは大体ディズニープラス配信だったりします。

これだけ動画配信サービスが乱立すると、あまり差もなくなってきているのではないかとも思ってしまいますね。また、どれか一つに加入するのではなく、多くの人が2-3つの会員になっているように感じるので、各社戦略も変わってきそうです。
たしかにストーリーにフォーカスすると今の日本にはかなりのネタが逆にあるのではないでしょうか。本日決勝戦を迎えるサッカーワールドカップでの活躍とサポーターの人間性、日本人主観の観点よりも、海外の人がもっと知りたいいつも通りの日本。それって実は海外の方からしたら非常に興味深いのかなと思います。普段の生活シーン、ふとした街並み、コロナ禍だからこそ、みんなこぞって集まって応援したりしているシーン、そんなドラマなかなかかも知れないけど、そんなシーンが凝縮されてたら、世界からの注目も一気に集まるのではないでしょうか。
最後に書かれているここにかなり期待したい。
「カン氏は「制作費が上がれば質も上がり、良い形で回転していく。そうすれば、日本の作品は世界に羽ばたくと思うし、われわれもそのシステムの一翼を担いたい」と意欲を示した。」
Marvell Technology is a fabless chip designer focused on wired networking, where it has the second-highest market share.
時価総額
8.47 兆円

業績

Disney operates in three global business segments: entertainment, sports, and experiences.
時価総額
28.0 兆円

業績