• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【解説】潮が引いた市場で起こったこと

NewsPicks編集部
231
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • グローバル・ブレイン Director

    2020〜2021年の好調な上場テック企業の株価推移を背景に国内のテック企業IPOも2021年には社数・ディールサイズとも大きく盛り上がり見せたことと比べると、2022年は少し厳しいIPO市場となったことは否めません。

    一方で、2022年の米国のテック企業IPOは2件にとどまっていることと比べると、件数ベースでは昨年を除く例年並みとなった国内のテック企業IPOの市場は米国ほど悪化していないのが現状と捉えています。

    これはマザーズ/グロースをこれまで支えてきた個人投資家や国内の機関投資家が引き続き日本のテックIPOへの投資意欲を見せていることが背景かと思います。
    影響が全く出ていないかというと、全くそんなことはなく、文中でも記載いただいているようにプライシングやディールサイズと言った側面では昨年と大きく前提が変わっています。

    来年以降、条件付きでの直接上場の検討や仮条件レンジ外でのプライシングが可能になったりと更に柔軟なIPOを設計できる環境となってきます。
    関係者の皆さんのおかげで発行体と投資家(上場、未上場問わず)双方にとって良い環境が整っていきますが、やはり重要なのは上場後も続く資本政策のグランドデザインの中で上場をどのように位置づけるか、IPOというコーポレートアクションの裏側の発行体の意思になってくるかなと思いますし、明確にその説明ができているIPOが投資家からも評価されていると感じます。


  • テクノベート経営研究所

    昨年から市況が大きく悪化した2022年。
    12月のIPOラッシュで上場の数こそ例年の規模に近づきましたが、上期は上場延期、下期はダウンラウンドIPOが相次ぎました。

    今年のマーケットでは一体何が起きていたのか、投資家とスタートアップそれぞれの現場の判断について、VCの見解を聞きました。
    今年のIPO企業だけでなく、昨年以前に赤字上場した企業も厳しい状況のようです。


  • badge
    株式会社ビービット 代表取締役

    総じて人は現状に引っ張られて、過度に悲観的になったり、楽観的になったりするものです。

    金利も上がり続けるわけではないですし、悲観しすぎずに、適切な新陳代謝としての新興企業の成長を国全体で応援する姿勢が大事だと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか