• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

10社80名のクリエイティブ組織の「ハリネズミ経営」がおもしろい

株式会社エルロイ | NewsPicks Brand Design
586
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • Nogaki Eiji
    NewsPicks Brand Design Editor

    クリエイティブ組織に限らず、組織が大きくなるにつれて個人の裁量でできることが少なくなり、「尖り」がなくなっていってしまうのはあるあるだと思います。規模を求めながらも、小規模組織のエッジを残す取り組みとして、非クリエイティブ企業も参考になりそうです。
    人材が流動化していく中で、独立心のある人材にグループ内起業という選択肢を提示できる点も大きいように感じます。
    これからの時代、エルロイのように組織を自在にデザインする企業がどんどん増えていくとおもしろいですね!


注目のコメント

  • 木下 拓巳
    青山学院大学 経済学部

    24卒就活生です。

    企業が大きいほどイメージとして、実際に仕事も仕組み化されてしまい、新卒の立場で個人の強みや新たな視点からの発想を活かせないのではないかという意見は多いと思います。
    組織を細分化することで、それぞれの尖りを意識し続けるというのはとても働くことにやりがいを求める就活生にとって魅力的だと感じます。


  • 大場 紀章
    エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表

    この記事では、「ハリネズミ」は「多方向に尖っているが一元管理されたもの」の喩えとして使われているが、歴史的にはハリネズミは(多元論的なものに対する)一元論的なものの考え方のメタファーとして扱われてきた。

    もとネタは、ギリシアの詩人アルキロコスの詩作の断片にある、「狐はたくさんのことを知っているが、ハリネズミはでかいことを一つだけ知っている」という一節で、ここから後世の哲学者などが、一見無関係なものごとを同時に追求するという多元論的なものの見方を「狐的」、一切のことを一つの基本的・普遍的な原理で理解する一元論的なものの見方を「ハリネズミ的」として解釈してきた。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか