新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日経新聞さんから取材を受けました。金融教育の全体像、学校で教えることの課題、家庭でできることなどをお話ししました。
人気 Picker
この手のものは、本当に金融の本質を教えるわけではなさそうだし、実際に役所で集められて教材を書いている人達が本物の専門家とは思えない。お金に興味がない人はいないと思うし、むしろ過剰に投資に興味や期待を持つ方が問題だろう。実際、教えるべき事があるなら、金融の専門知識ではなく常識の範囲でよく、授業をするならせいぜい年に一時間で十分だろう。それ以上時間を使う意味があるなら、現場で教える教員の質が問われる。そんなことに授業時間を使うなら、もっと基礎学力を上げる事に使った方がいい(そういう事をもっと心配して欲しい)。

追記:金融の事を理解するというのは、例えば企業利益と配当の増加を伴わない、株価上昇からの利益は結局はゼロサムである。そういう事を教えるべきだが、それは政府の資産所得倍増が怪しげなものに見えてくることになるだろう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA241YN0U2A121C2000000/