新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
海外株式市場の下落を円安がオフセットしているので、円建ての海外株式投資信託の価格は下がっていません。結果として、今年も投資を始めやすい地合いになっていますね。長期積立分散投資という投資の王道が学べる、つみたてNISAを利用する人がどんどん増えるといいなと思っています。
人気 Picker
円安を考慮すると年初来でS&Pは+3.3%とTPXの+0.1%を上回っていて、下落しているという感覚はないのでしょう。
とはいえ、一方的なドル高が終わったとすれば、それほど安易な相場ではないと思いますが・・・長期で我慢できるかどうかがポイントになるでしょう。
この記事、まるで多くの方々は金融リテラシーが高くないと言わんばかりの上から目線で思い切り失礼だな、と思いました。

だから朝日新聞系はダメなんですよ。

私は以前より金融リテラシーが高い方が増えてるからこそ、米国株が人気だし、短期的な上下は影響してないんだと思いますよ。


『金融リテラシーが高くなく、S&P500の動きをニュース等で見ていない人は“米国株が下がり続けていることを知らない”または“知っているが、自分の保有投資信託が値下がりしていないから暴落を感じない”のだろう。もちろん金融リテラシーの高さから積み立てをやめない層も一定数、いる。』
ホームカントリー・バイアスに囚われず投資対象を選択していることがランキングに表れている。望ましいといえる結果であって、取り上げるべき皮肉な構図はここにはない。
日本企業よりも米国企業の方が「稼ぐ力」が強く、長期的に見れば株価の値上がりを期待できるからでしょう。

私自身そのように考えていますが、NISA利用者の多くも同じ考えなのでしょうか。
NISAを拡充しても日本株に日本人が投資することはない。なぜか?

皆さん胸に手を当てて考えてみてください。上場会社の経営陣が株価を上げることを考えて経営しているでしょうか?
つみたてNISAなんだから、下がっても積み立てを継続するのが普通だと思いますけど。しかも、海外株式を資産の一部に組み込むのは、ある意味常識。
米国株ばかり買うのはどうかと思うな。
買う商品も分散させないと、元本割れしやすい
構造的な円安を見て、米国の人口増を見ると米国に投資したくなりますよね。
NISAに限らず積立投信は上がってるのか下がってるのかわからないくらい無関心でもそれなりの期間を積み立てて初めて分かりやすい効果が出るもの。
また積み立てている期間は価格が下がっているほうが望ましいですね。