• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

トヨタ・パナ電池会社、国内で新工場建設も視野-トヨタEV強化

Bloomberg
75
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 神領 貢
    badge
    ニューモデルマガジンX 代表取締役社長兼編集長

    日本企業が手を組んで次世代車普及へ向けての準備を着々と進めている事象は実はたくさんあります。

    電動化、自動化、繋がる化で、先頭集団から前へ抜け出すためには、地味でもこうした備えが大切だと思います。頑張れ!ニッポン。


  • Matsunaga Takashi
    バッテリー スペシャリスト

    PPESは姫路と加西(旧三洋電機)に工場を持ってますが、姫路工場は記事の最後にも言及しているように大きく拡大するよりも、次世代電池も見越した小規模なラインを追加投資可能な新工場を建てる必要があると。

    ドライ工程を設けたりしてラインの短縮は手掛けているはずですが、正極材料が今後変わっていくことを織り込んで本当に固体電解質に切り替えるのか、液系でも稼働するようにしておくのか色々と難しい判断に迫られそうです。

    普通に考えれば、海外勢の100GWh単位での生産能力増強の方がリスキーに思え、ファーメルの笛吹き男のように一度進みだすと止まらないチキンレースにも見えます。

    ただ需要が有って客が買い取るというのであれば、一定の生産能力は不可欠。そろそろ腰を上げる必要が出てきたということで、それでも単純にラインの増設はしないというPPESの矜持でしょうね。ダイナミックに資源を活用するケイパビリティを身に着けることが日系企業には求められています。


  • 林 たつと
    バイヤー(物を買って売る仕事)

    半導体のオールジャパンは数十年遅かったと思うけど、EV電池はトヨタ/パナだけではなく今こそオールジャパンで挑むべきだと思う。つまりまだまだ未開拓でこれから市場が大きく伸びるEVの電池領域にオールジャパンの技術を結集して頂きたい。そしてそれも見据えての半導体オールジャパンであって欲しい。

    ・全固体電池内のリチウムイオンの動きを捉えることに成功
    https://www.riken.jp/press/2022/20221025_2/index.html

    ・日本の電池技術開発は大丈夫か、目立つ世界トレンドとのかい離
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/111501162/


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか