• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

7-9月GDP 年率-1.2% マイナスは4期ぶり

NHKニュース
108
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 永濱 利廣
    badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    最大の下押し要因は実質輸入の増加であり、民間在庫もマイナス寄与なので、国内需要が旺盛というとらえ方をすれば、そこまで悲観することもないという見方もできます。
    しかし、構造的にはそれだけ輸入に頼らざるを得ない輸入依存度の高さが露呈されたとも見れます。
    いずれにしても、国内自給率の向上が課題というのが良くわかる結果と言えるでしょう。


  • 枩村 秀樹
    badge
    日本総合研究所 理事

    マイナス成長とは正直意外な結果。消費・投資・輸出はプラスなのに、なぜかマイナス成長というのは、今年前半の米国経済と同じです。原因は輸入が大幅増加になったことですが、輸入デフレータ―の推計は非常に難しいので、この数字が本当に実態を表しているかは若干疑問が残るところです(最後はテクニカルすぎる説明でスミマセン)。


  • 辛坊 正記
    badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    GDPは国内総生産と言われる通り、国内で生み出されたモノとサービスの価値の合計です。コロナ禍が緩んで国民の消費意欲が盛り上がっても、企業が悲観的だったり商品に競争力に乏しかったりして国内で生産が増えず、不足分が輸入されたらGDPは増えません。そんなことが起きているのでなければよいけれど・・・ (・・;


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか