新着Pick

「ソーシャルメディアの勢いは2014年で終わった」投資家が2014年を鋭く分析 - Peachy - ライブドアニュース

ライブドアニュース
投資家のフレッド・ウィルソンは、ソーシャルメディアの勢いをいち早く予想し、自身の経営するUnion Square VenturesでTwitter、 Tumblr、Zynga、Foursquareなどに投資。それにより多大な利益を得たという、鋭い洞察
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
G1仲間では、FBとLINE双方でコミュニティを作った。森川さんが入っているからかもしれないが、圧倒的にLINEの方が活発だ。理由は簡単だ。スマホではメッセージアプリが圧倒的に早くて使いやすく便利だからだ。ソーシャルメディアは、まだPCを基本で考えている。

だがソーシャルメディアの勢いが止まっても、ネットの進化は止まったわけではない。まだまだスマホ、ネット、ビッグデータ、クラウドやセンサー、そしてAIで、ネットは進化する。

多くのイノベーターの出現を期待したい。そうしたら、グロービスが投資をして、全ての資源を惜しみなく提供して、一緒に世界トップを目指したい。日本はまだまだいける。
PCウェブベースのシステムはもっさりしてるけど、スマホはサクサクが大前提。Twitterやフェイスブックはこれにはたぶん対応できない
ソーシャルメディア周りの大きな趨勢が2014年に大きな曲がり角を迎えたのは、その筋では共通認識だが、その辺りの現状認識をうまく整理してくれている。直近3年ほどではウェブベースのソーシャルメディアからスマホのメッセージングアプリへのユーザー移行が端的には見えやすいが、「その次」の模索は既に始まっている。
とはいえ、Slackが出てきたのは予想外だった。すごく便利。
まだ、現在のソーシャルはコミュニケーションの内容を変えているだけで手段を変えていない。個人的には手段という切り口で新たなサービスが生まれると予想。
この次はネットの世界だけで完結しない、デバイスなどリアルとの接点が大きく変化すると思う。
新聞や本の代わりになるデバイスとかつくってみたい。
世界ではまだ42億人の人がネットアクセスを得ていない。ソーシャルメディアのサービスとしての技術革新は終わっても、まだまだユーザは伸びるはず。
株式市場は現実収益を一年先取りし、VCは三年先取りするから、まだあと三年はビジネス出来る。
うちのティーンエイジャーは、「Facebookの代わりにWhatsAppが使われ、若い世代はインスタグラムの代わりにSnapchatを使う。」WhatsAppではなくFacebook、インスタグラムとSnapchatの併用だ。
「シェアリング・エコノミー」は「レンタル・エコノミー」に取って変わった。
ではなく、
「シェアリング・エコノミー」の中心は「キャパシティ・シェアリング」となった。
とすべき。
これまでは、リアルとは別世界としてネットが存在していたが、その2世界の境界が曖昧になってきてるというが今を端的に表したイメージだろう。そこで、フィジカルな実世界と仮想をどう繋ぐかがこれからの広義での「メデイア」の在り方だと思う。

あと、この概念はおもしろい
>「シェアリング・エコノミー」は「レンタル・エコノミー」に取って変わった。
いろんなトレンドがありますが、底流に流れるのは「スマホ化」も含めてますますインターネットが日々の生活に深く浸透していっているということ
「インターネット企業」という呼び名がなくなる日も近づいているのかもしれない
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.81 兆円

業績