8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
6月のアフリカにおける日本企業の動き。豊田通商、味の素、日立造船、三井物産、伊藤忠商事、電通、SBIホールディングス、JICA、三菱UFJを取り上げています。
豊田通商と、その子会社のCFAOの存在感が大きい。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
トヨタ系の総合商社。自動車ビジネスへの知見とネットワーク、風力発電に強み。重点戦略地域とするアフリカでは、現地に根付いた取り組みで事業領域を拡大。
時価総額
3.27 兆円

業績

調味料国内大手。アミノ酸技術を核に食品事業、アミノサイエンス事業を展開。先端バイオ・ファイン技術力にも強みをもつ。食品事業中心に海外事業を拡大。アメリカのメディカルフード市場にも参入。
時価総額
3.02 兆円

業績

創業は造船だが、2002年に事業分離。現在はごみ焼却やリサイクル施設、水・汚泥処理施設といった環境・プラントが主力。その他、舶用ディーゼルエンジンや防潮堤なども。
時価総額
1,894 億円

業績