今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事の主旨とは異なるかもしれませんが、SNSを見ていると非常に増えたお客様からの電話(多くは自分の予約が対象なのかどうかの確認と予約方法の問い合わせ)対応が大変だったことが伺えます。告知から実施期間までもう少し時間があれば予約元からお客様にご案内することも十分に可能であったはずで、制度設計の課題ではないでしょうか。
また、複数の予約サイトを束ねる「サイトコントローラー」というサービスもダウンしたり、予約サイトそのものがアクセス集中によりつながりにくくもなっていたようです。

起きてしまったことは無かったことにはできないので次に繋げていただければ。
施策の趣旨からすると、支援金相当分のお得感で財布の紐を緩ませて、お財布から支援金以上のお金が観光地に落ちることを目的としています。

大人は、この記事にあるような『実質タダ』を模索して、それを実践して達成感に浸ることで満足する人もいるようですが、Go toトラベルの時は、修学旅行の学生さん達がお土産物屋さんで、クーポンに加えてお小遣いを思いっきり使っている姿が、楽しそうで、微笑ましかったです。

あまり、セコい姿をこれから大人になる子供達に見せるのは、まぁ止めて欲しいな…と感じます。
ひどいタイミング、ひどい制度設計。
タイミングとしては海外からの旅行客を増やして、円安のピュアな実需を取り込むべきタイミング。制度設計としては、コメント欄でもあるが、消費者から見てフラットになるような価格に値上がりしているようなところを止めていないのが…
単純に税金を特定産業にばらまくだけになっていて、かつその産業は他の政策で実需を十分増やせる外部環境になっているのに。
既に予算を使い切った県もあるようで、明日より加速度的に予約が増える予感です。
またこれから予約開始の東京なども開始日は殺到しそう。
この補助金は、本質的では無いですよね?
観光地の商品力を高めることが本質で、安いから行く人を煽ることは、無駄なお金だな思います。
商売する側としては、この制度に合わせて値上げするでしょうね。
下記のように。
通常価格:5万円
新価格:10万円の50%引きで5万円
ツアーの企画販売や航空券販売の取次を行う業界大手の旅行代理店。ホテルやテーマパークも展開。なお、ハウステンボスは2022年に香港の資産運用会社へ売却済み。
時価総額
1,336 億円

業績