• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

北朝鮮弾道ミサイルの飛距離は4600キロ、過去最長 松野官房長官

朝日新聞デジタル
195
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    日本大学 危機管理学部 教授

    ウクライナ問題で手一杯の米国は対応できないという計算か。大陸間弾道弾の定義が5500km以上の飛距離なので、それに近い距離を飛んだということになる。恐らくは飛距離の実験の性格が強いのだろうが、我が国の上空を通過していったことは看過できない。露華鮮に囲まれている日本の安全保障が厳しい状況にあることを再認識させられた。政治家も国民ももっと関心を持つべき問題だろう。


  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    2017年、トランプ政権と金正恩体制の一触即発の危機を思い出した。あのとき、グァムは安全ではないと北朝鮮がアピールした。


  • 株式会社トリニティーズ 代表取締役社長・SC経営士

    我々の知らぬ間に(通知は来ていますが)ミサイルが頭の上を飛んでいる。でも、日常は普通に続いている。
    今が世界的な緊張感の中にいることを改めて思い知らされます。北朝鮮は技術が未熟で…という印象の日本人も多いと思いますが、少なくともこれまでの試験的発射では全て「きちんと国土を外している」ことを考えれば相応の精度と技術があることを認識しないといけないのではないでしょうか。
    日本は平和だから関係ない…と言えた時代はとうに過ぎて、今はロシアに加え台湾の併合危機という中国リスクと北朝鮮が同時に起きています。日本を囲む3つの国が軍事的に行動している状況ですので、政府も含めて日本として見ているだけにならぬよう対策をしなくてはいけないと思うのは、私だけでしょうか。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか