• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

大谷、年俸43億円で契約へ エンゼルスと

266
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    一社)広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長

    こういうニュースを見るたびに、日米の違いを感じる。
    日本のプロ野球だと、実績を積まないと年俸は上がらないし、ここまでの急上昇も無いだろう。
    毎年が勝負のスポーツ選手にとっては、年齢や過去の実績と関係なく、成績に相応しい評価をしてほしいだろうし、それをしているのがアメリカ。
    日本はやはり、雇用する側が「雇ってやっている」という感覚だけど、アメリカだと雇用する側とされる側が対等なんでしょうね。
    一般企業でも同様のことが言えると思います。


  • badge
    弁護士(スマートニュース株式会社/法律事務所ZeLo/NPO法人Mielka)

    MVP争ってるジャッジの年俸が1900万ドルで、サイ・ヤング賞争ってるバーランダーの年俸が2500万ドルだから、two-way playerで二役してる大谷選手は来年オフのFAでメジャー史上最高額のシャーザー4300万ドルを超える契約を結ぶと信じてます。

    追記:
    この金額だと
    時給:49万円
    分給:8100円
    秒給:135円
    というツイートを見て震えております。
    10秒深呼吸したら美味しいご飯が食べられます。

    追記2:
    NPB巨人軍の年俸総額が45億円(球界2位)なので、大谷選手一人で巨人軍全員と同額になってしまいました。
    いずれは我が阪神に(年俸総額32億円)と夢見ておりましたが、定時株主総会が大紛糾しそうですので諦めます。


  • badge
    NP アスリートの専門家

    大谷選手の今季の成績は以下です。

    投手:15勝(ア・リーグ4位)、奪三振数213(同3位)、防御率2.35(同4位)

    打者:本塁打34本(ア・リーグ4位)、打点94(同7位)

    昨年は本塁打46本でア・リーグ2位、投げても9勝でア・リーグMVPを勝ち取りました。

    この2年間、堂々たる二刀流の成績を収めました。来季の提示されている年棒は妥当かと思います。昨年も話題となりましたが、来年もこの勢いが続くのか。46本・15勝。それ以上に、大谷選手はチームメイトからも絶大な信頼を勝ち取り、今やチームリーダー的存在です。頼もしい限りです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか