• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

クリーブランド連銀総裁、一段の引き締め政策がより長期間必要に

8
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    就任当初、タカ派でもハト派でもない“ふくろう”を自認したメスター総裁ですが、2015年から2018年にかけての引き締め局面でも比較的早めの利上げを主張されたと記憶しています。いずれにしても、インフレ期待が定着するとハードランディング覚悟の強烈な引き締めを覚悟しない限り収めることが難しいのは1970年代から80年代初めにかけてFRBが経験したことなので、「インフレ率を2%に向かう道筋に戻すため当局は断固とした決意で取り組む」というのはFRBのメンバーに共通しているように感じます。
    早めの利下げを期待する市場の思惑とどのような形で整合が取られて行くものか・・・ 
    緩和のタイミングが遅れるとオーバーキルになる可能性はありますが、それを覚悟してでもインフレを抑えにかかるとの雰囲気をこうした発言に感じないでもありません (・・;


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    景気を犠牲にしてまでインフレ抑制とのスタンスですから、それはそういう発言になるでしょう。


  • 研究者、ジャーナリスト、作家、メディア編集者、経済評論家

    FRBやFEDの要人の発言は最近は概してタカ派のコメントが多いですね。ターミナルレートに影響が出そうです


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか