新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ねんきんネットで受給見込み額が計算できます。平均値を見ても仕方がないので、自分のケースでシミュレーションしてみることですね。年金額を知って、その上で60歳以降どのような仕事をして収入を得ていくか、どの程度を資産形成で準備する必要があるか、生活費はどうすれば節約できるかなど考えることが大切です。平均寿命が伸びていますが健康寿命も伸びているので、60歳以降も何らかの形で働いて収入を得ていけば、あまり心配しすぎる必要もないと思います。
人気 Picker
年金はいまの収入ではなく、働いていた期間の平均となるところが計算が難しいです。過去の推移、将来の予測を正確に行うのは難しい。過去に関しては「ねんきん定期便」で確認ができそうですが、厚生年金や企業年金まで考えると複雑です。