新着Pick

なぜ原子力発電の再稼働は難しいのか

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最新鋭のに取り替えたいわな
原発問題。再稼働か否か。
経済活動や電力価格は非常に重要な判断基準だが一番重要なこと。
・廃炉を決めてもすぐに原発がなくなる訳ではない
結局いま日本中にある原発を廃炉にするためのノウハウが少ない。
そして廃炉は数年~十数年のスパンでそれを各原発で繰り返すので、ゼロにするには数十年、それ以上必要かもしれない。
その間に地震がきてしまったら?など再稼働議論もだが、今抱えているリスクをどうするかの議論が伝え聞こえてこない。
我々はパンドラの箱を開けてしまった。なので使い続けるかは議論だが、開けてしまった箱を閉じるためには相応の技術者とお金と時間が必要なのが事実。

私論だけいうと、技術者確保のため、そして技術向上のためには稼働しながら廃炉を目指した方が、技術者のモチベーションも含め、結果廃炉までの時間が短くなると思う。
・既存の安全対策が単なる砂上の楼閣に過ぎなかったこと
・福島第一原発事故に収束の目途が立たないこと(現状は最悪な状況を回避するためのアンダーコントロールに過ぎない)
・福島第一原発事故後の安全基準にも不信の目が向けられていること
・運転年数40年前後の「老朽原発」が10基ほどあり、これらの再稼働は絶望的であること
・特に福島第二・柏崎刈羽・浜岡は地元の反発が強く理解が得られないこと
・今の電力会社が原子力発電所を管理するに相応しくないこと
・事故後の避難計画も不確実性が高いこと

挙げたらきりがありません。ただ、今まで安全対策を軽視したツケであり、今後原発を再稼働するにせよフェードアウトさせるにせよ、直視し向き合わなければならない課題ばかりです。こうした課題を克服しなければ、日本の原発がより洗練されることはありません。安易な再稼働は、問題の先送りに過ぎないことを認識しなければなりません。
リスクと危険は違うよね。原発は常には危険ではなくて、何らかの想定外の原因で危険になる。その原発が危険になるリスクについて完全にコントロールすることは、つまりは自然災害のリスクをコントロールすることと同義。つまり不可能。
だから、コントロール出来ない前提で、どこまでリスクを許容できるか。その許容範囲が民主主義的な手続きにおける原発の是非の判断になるんだと思う。
しかしながら、原発のリスクなんてほとんど人には理解できない話で、理解してない上でこれを「民意」としても空虚。専門家達に委ねるしか無いね。みんなゼロにしたいに決まってるけど、ゼロにすることにおける影響は現状では非常に大きいと思う。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.19 兆円

業績