• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、太陽系外惑星の大気に二酸化炭素を発見

22
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家

    なんと、もう系外惑星大気の結果が出たとは!!!!

    これ、The JWST Transiting Exoplanet Community Early Release Science Teamの論文なので、系外惑星が恒星の手前を通過するときに、その大気を通ってくる恒星の光のスペクトルを観測することで惑星大気の組成を調べます。

    二酸化炭素の大気は、それほど驚きではない。安定した物質なので。火星の大気も大体二酸化炭素。

    でも、もしハビタブルゾーンの惑星から酸素やメタンが出てきたらこれはすごい発見!!!!なぜってこれらのガスは安定的ではないので、それらを出している何かがある(あるいは、いる)ということ。すごいぞJWST!!!!!


  • badge
    忠北大学 天文宇宙科学科 教授

    論文で観測された恒星からの輝線の吸収の程度を表した分布を見ると、二酸化炭素のところでキレイに吸収が強まっている(つまり惑星大気に二酸化炭素がある)が見えていますね。

    【ネイチャー論文のプレプリ】
    https://arxiv.org/abs/2208.11692


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか