11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「7月の全体の物価上昇率をみると、エネルギー関連は16.2%と2桁台の伸びが続いた。食料は4.4%」、その一方「旅行や映画鑑賞など教育娯楽の物価上昇率はなお0%台で推移する」 (@@。
要は、輸入に頼るモノの値段が資源価格の高騰と円安で大きく上がり、国内の労働力に頼るサービスの価格が上がっていないということです。こうした構図のインフレは、値上がり分の国富を海外に流出させるばかりです。
エネルギー源を見直して原油と天然ガスの輸入を抑制し、本気で農林水産業を強くして、円の価値を引き上げる必要がありそうですが、借金で補助金をばら撒いて家計を支えることばかり熱心な政府と、その借金を引き受けて円安策を進める日銀の組み合わせでは、そうした構造問題の解決に本気で手が付くことはなさそうな・・・ (・・;