• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

スポティファイを生み出し、スタートアップ不毛の地から激変したスウェーデンに日本が学べることとは?

65
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    株式会社イスラテック 代表取締役社長

    歴史的に日本は海外のカルチャー(文化)を学ぶというよりも、取り込んできた。そういう気質なのだと思う。

    学ぶ事も重要であるが、日本の起業文化なりと融合を図る必要がある。イスラエルに学ぶ事ではないが、ペンを置き、熟考し、日本らしく動き出すことが大事かと思う。


  • CTFコンサルティング 代表

    北欧のベンチャーキャピタルを含めたエコシステムの考え方が大きく変わったタイミングというのがこの記事の中には描かれていて、それは日本でも起こり得る重要な考え方だと思う。

    一方で、記事にあるように、”ダメなスタートアップを100社つくっても、その100社は消えてなくなります。数の問題ではないのです。良いスタートアップを1社育てることが、その後のエコシステムを発展させるうえで極めて有効になるのです。”

    というように、いかに優秀なスタートアップを作り、そこに集中投資していくか、という部分の仕組みの継続的な改善が今後必要となってくるところだと思う。

    今日本政府が大々的にスタートアップ”数の拡大”を目指しているが、数にとらわれず、その確実な成果を出すための仕組みづくりに注力していきたいところだな、と感じました。


  • まったく冴えないエンジニア

    コロナの対応を見てもスウエーデンは日本と根本的に違う国だと思います。この種の話しは、もう少し文化や歴史的な視点でお願いしたい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか