今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
や、注目すべきは中国に負けてることじゃなく、ドイツ、イギリスに負けてることでしょ。(日本人は中国に抜かれることに対して過剰に敏感な面がありますよね・・・)

>米国が首位で、中国、ドイツ、英国、日本、フランス

人口と経済規模でずば抜けている米中がトップなのは仕方ない。ドイツ、イギリスは日本以下の人口と経済規模でこれだけ上手くやっている。むしろ見習うのはそっち。

それにしても、多くの人が日本は何をすべきかちゃんと分かっているのに何も変わらないこのもどかしさよ。
興味深いのは大学や国立の研究機関だけでなく企業の研究所もランキングされているところ。中国の大学がたくさん登録されているのは事実。他分野はよくわからないので、自分の分野(Physics and Astronomy)を見てみたけど、実感と大きくかけ離れているので、どういう切り口によるランキングなのかは少々疑問。もしこのランキングが高インパクトファクターのジャーナルに掲載された論文の数のみの指標で厳正に評価されているのであれば、論文数と科学研究をリードしているかどうかはほとんど無関係であると言える。

https://www.scimagoir.com/rankings.php
分野別にみると面白いですね。
下落率が高いのはPhysics と Chemistry とのこと。Life scienceはさほど下がっていない。なんでだ?
科研費の内訳を見てみても,10年前と比較してこの分野の割合が減っているわけでもない。まあ分配額全体でみると2010年は1400億円だったのが去年は648億円ですので,そもそもパイが小さくなっているのはその通りだが。
昨今は研究環境も高度化して実験だけでお金がかかるようになっているので,研究費の減少がクリティカルに効く分野とそうでない分野があるのかな?
科学への大規模投資を行なっている国がシェアを伸ばすのは当然で
日本は科学技術へ5兆円で中国が中国は28兆円で少なくとも科学技術予算は国債を発行してでも倍にしたいところ。