• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

戦争終結に向けた領土の譲歩、ゼレンスキー大統領が一蹴

REUTERS
4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 宮崎 光史
    一般社団法人Wellness Life Support 代表理事

    ニューヨークタイムズの論説との事。

    兵器提供と非公式の軍事指導を行なっている、
    と言う意味で無関係な第三者とも言えないですし、
    私的な議論の中で出された提案とも言えますが、
    他国への内政干渉とも言えます。
    一蹴されて当然でしょう。

    あるいは北方領土をロシア参戦の手土産とした
    WW2の際の米英とソ連によるヤルタ協定の様に、
    連合国(いわゆる「国連」)とロシアの間で、
    ウクライナ領土の東部については
    新たなロシア領として黙認すると言う
    密約でも出来たのでしょうか。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか