4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州でも、厳重な監視と管理の中での訪問になることを危惧する声が聞かれるが、ともかく国連人権高騰弁務官の訪中は2005年以来であり、何年にもわたる要求が実現した形であることに変わりはなく、訪中反対という意見は出にくい状況だ。
国連のバチェレ人権高等弁務官が今月23日から中国を訪れ、人権状況をめぐって欧米などから懸念が示されている新疆ウイグル自治区などを中国からの招きを受けて視察することになtたとのことです。

視察の結果、どのようなことが発表されるのか今後注目です。
招きで視察でしょ。事実を見ることはできないでしょう。中国はそれでも視察の結果を免罪符にしようとする。ほら、差別やジェノサイドはないでしょ、と。

いっそ、数年間常駐したらいかがだろうか。