新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外クロスオーバー投資家への株主構成の入れ替え。おもしろいですね。プライシングなどどう交渉してどう決めたのか気になります。
ちなみに細かいですが、セカンダリー = 発行済み株式の第3者間売買、なので資金調達ではないですね。new moneyは会社には入らないので。
これまでのタイミーのファイナンスの特徴は学生起業の小川CEOが信頼を得るために多くの事業会社を巻き込んできたことだと思います。それもあり、コロナ禍で飲食業が厳しくなった中で株主を巻き込んでポートフォリオの転換、バランスを取ることができています。

一方で、やはり株主が多いと動きが遅くなりますし、そもそもその株主とタイミーはWin-Winなのかという点もあります。それに取り組んだのが今回のセカンダリー取引で海外機関投資家と頻繁にコミュニケーションを取っている八木CFOならではのチャレンジですね!

昨年、53億円を調達した際にタイミー八木CFOにファイナンスの詳細(一度出資してもらえる投資家を全て集めてコンペ)や、リード投資家のKeyrock Capital Managementに日本初投資でタイミーを選んだ理由などについて聞きました。
ぜひ、こちらも読んでいただけると(自分が書いた記事ですみません)
https://initial.inc/articles/briefing42