176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連続指値オペを続けるということは、金利を抑えるためモノとサービスの裏付けのないお金を市場に流し続けることを意味します。当然ながら、増えたお金は価値が下がりますから円安とインフレを誘う政策です。
要すれば、日銀は、国債を買うのを止めて金利を上げて円安を止めインフレ圧力が欧米並みに高まるリスクを回避する姿勢を明確に打ち出すか、円安とインフレのリスクを容認して国債を買い続け、1000兆円に上る政府の借金の利払い負担が膨らみ日銀が抱えた巨額の資産が値下がりして自らが赤字に陥るのを防ぐかの選択を迫られているように感じます。
今の状況を招いた日銀は、2%のインフレ目標の達成と長短金利のコントロールを明確に打ち出して修正する姿勢を全く見せて来ませんでしたから、いきなり政策を変えるわけには行きません。やるとすればハードランディングを覚悟するしかないでしょう。難しい局面ですが、今はもう、日本が欧米並みのインフレに陥り日銀が急な政策変更を迫られることのないよう祈るほかないような気がします (・・;
金融緩和を行なうために、イールドカーブコントロールをすることは理解できます。ただ、やり過ぎると市場による価格探索機能が働かなくなります。欧米の金融業界の人々からすると、これはあり得ないこと。日本の国債市場のみならず株式市場も、価格探索機能が働かないため、投資することをためらう要因となっていると聞きます。
市場の一部では、来週の金融政策決定会合で金融政策の枠組み変更を警戒(期待)する向きもあるようです。
日銀大明神様ありがとうございます。住宅ローンで、変動のポジションを持っている庶民としては感謝しかない。守り神。でも、このタイミングで、日本国債ベアの投信を買いたい気持ちもある。
不思議なことに4/21 0時過ぎ、127.68円と日中に比べて1円以上円高になっています。