新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まとめなあ。。元々の著作権者に報酬が回る仕組みができればいいんだろうけど難しいだろうなあ
既存の著作権の考え方でまとめサイトを考えるのがそもそもナンセンスだと思う。コンテンツメーカーの収益源は広告なのでトラフィックを引用元に返せてるかどうかが大事。そういう意味では多くのキュレーションメディアはそれができてない。それが今後解決しなければならない問題。
キュレーションメディアやバイラルメディアは著作権の問題が解決できないからビジネスとしてスケールできない。大企業からの純広を取るためには、著作権がクリアされた独自コンテンツを作る必要があるが、そうなると費用が駆け上がる。この問題をどうクリアするかが一番のキモ。
ネットの普及によって、そもそも著作権違反が横行している。でも、同時に情報ライフサイクルが高速化していることで取締り自体も難しくなっている。
そもそも「引用」っていうのは紙メディアの時代からグレーゾーンが大きくて議論になっていた。ここまで来ると、現状に合わせて都合よく法解釈をし合っているようにしか思えなくなってくる。
結果的にお金目当ての変なまとめに落ち着いてしまうので、あまりまとめサイトは肯定したくない。そこにジャーナリズム的な要素がない。
よくある「世界の絶景20選」みたいなリスト型記事(listicle)の殆どは"引用"でもなんでもなく、勝手に翻訳/転記しているだけだし、場合によっては改変もしているので、グレイどころかクロだと思うこともある。呆れるのは、開き直って、著作権は申告制だからといって言い逃れをしているサイトプロデューサー。ま、どうでもいいけどね。
引用なのか否かは難しいですね。厳しく解釈されると、学術論争など不可能になり、文化の発展にならず、著作権法自体が問題になってしまいます。
それにしても、無断借用の論文が多すぎるのでしょうね。
キュレーションサイトってそこのところすごく気になってました。誰か詳しい人、記事上げてください。
大体「従」の関係になってると思うけどね。
弁護士ドットコム(べんごしドットコム)は日本の法律ポータルサイト及びその運営会社。弁護士のマーケティング活動を支援する無料法律相談や法律事務所の検索サービスを提供している。 ウィキペディア
時価総額
867 億円

業績