今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、アメリカがドローンを提供しないのだろうか、と呟いたが、いよいよそこまで踏みこむことになったようだ。ドローンはアメリカ国内から遠隔操作しているとロシアがこじつければ、米露が直接戦火を交えるという解釈も可能になるだけに、ちょっとリスクがある。
トルコ製造のドローンを大量買い付けするために使われるだろう。侵入ロシア軍がトドメを刺される日は近い。
まあまあ凄い!


■新たな8億ドル支援の内訳
・対空ミサイル「スティンガー」×800
・対戦車ミサイル「ジャベリン」×2000
・軽量対戦車兵器×1000
・AT-4対戦車兵器×6000
・戦術無人機(ドローン)×100
・グレネードランチャー×100
・ライフル×5000
・ピストル×1000
・マシンガン×400
・ショットガン×400
・弾丸×2000万
バイデン米大統領は、ウクライナに対する8億ドルの追加安全保障支援を発表しています。
「ロシアによる侵攻に対抗するため、ドローン(小型無人機)や対空システムも含まれる」とのこと
ロシアが米軍武器フル装備したウクライナ軍に敗北する日も近いね。