新着Pick
50Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局、立場や年齢や性別の上下違いを取っ払って、人と人としてお互いに敬意を払う。それでいいのでは。
ごちゃごちゃ考えると疲れるし、肝心な仕事が進まないよ。
この連載に書かれる多くのことは女性だけでなく男性にも当てはまると思う。女性は男性より一層…というお話しなんだろうけれど。
"「嫌われたくない」の壁"は男女問わず管理職の最初に乗り越えるべき大きな壁だと思う。その中で、小川さんの仰っている「役割と立場を明確にすれば、もっと自分を出していい」はとてもいい考え方だと思う。
「年上の部下への対応ノウハウ論」なんて無くなったらいい。
それこそ連載内にあるようにマネジャーも役割の一つであるように”彼ら”も役割の一つ。殊更そこに焦点を当てるから気になりだす。自身もあるときから「機能と役割」を意識するようになり事がスムーズに進むようになった(精神的にも)。

本連載に限らず「女性○○」は読み物として興味深いのだけれど、迎合でもアンチでもなくオルタナティブな考えをそれぞれが意識すると、バリエーションが増えてもっと楽しい世界が待っているんじゃないかと日々感じています。
若手の女性に中高年の男性部下がつくと、男性の方がプライドを傷つけられ意固地になるケースもあるし、難しいところ。年下女性上司の経験が長い定年間近の男性が、初めて年下女性上司を持った中高年男性を飲みに誘って話をしてくれて、女性上司をサポートしてくれた、というのを聞いて、やっぱり男性同士ならわかりあえることもあるんだろうと思った。