162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガソリンはもとより衣料を作るにもコメ・野菜を作るにも様々な品物を運ぶにも石油が必要ですから、原油価格の上昇が広範なモノとサービスの値上げを招き、消費意欲を減退させて日本経済を停滞に追い込み、悪くするとスタグフレーションの状況に陥れる可能性があることは想像に難くありません。価格に転嫁できなければ、企業業績が悪化し設備投資が鈍って別の形で日本経済の足を引っ張ることになりそうです。それだけでも心配ですが、更に問題なのは原油価格の上昇が円安と相俟って日本の貿易収支を悪化させ、経常収支が継続的な赤字に陥る事態です。
政府が巨額の財政赤字と借金を抱えながら日本経済と円が安定を保っていられるのは、民間が政府の赤字以上に節約して日本全体が外国との取引、つまり経常収支の黒字を保っているからです。基軸通貨を持つ米国は政府と国全体が共に赤字でも経常黒字の諸国が米国債等を買って資金を還流してくれますが、日本を含む他国は必ずしもそういうわけにいきません。政府が巨額の赤字と借金を抱えるなかで国全体が赤字に陥ったら、通貨の信用を保つのは難しそう。ウクライナの人々が大変な思いをする中で自国の経済のことを過度に心配するのは憚られますが、原油価格の上昇で懸念すべきは、”悪いインフレ(コストプッシュインフレ)“もさることながら、経常収支の赤字転落かもしれません。
原油価格の100ドル越えが長引いた2013年から2014年にかけての一時期、経常収支が赤字になってちょっとした騒ぎになったことがありました。そのときは米国でシェールオイルの大増産が起きてほどなく原油価格が低下して事なきを得ましたが、バイデン政権のもとで米国産原油の大増産は望みがたく、ロシア制裁という長引きそうな要因があるだけに、原油価格の動きはもとより経常収支の動きからも目が離せないように感じます (・・;
WTIは現時点で96ドル台ですが、燃料価格の高騰は避けられませんね。
政府がトリガー条項の凍結解除も含め、どんな燃料高騰対策を出してくるかに注目です。
ロシア、ルーブルが30%近い下げ。ロシア国内では銀行へ取り付け騒ぎも起こっているみたい。株はこれから開くけど気配はメタメタ。一方原油は105円と大幅高。

持久戦になるとロシア国内の不満でプーチンが苦しくなるかも。原油高に耐えることもウクライナへの支援のひとつ。持久戦を勝ち抜きましょう!ウクライナ頑張れ〜!
どこまで上がるか、天井が分かりません。ガス価格も連れ高ですから、脱炭素化の話は見直しが急務でしょう。

ロシアでは今、金融商品の取引が不可能となっているためか、ルーブルも値がつかないようです。ヨーロッパ市場やニューヨーク市場でどういう動きが出てくるか。

恐らくロシア内では、先週より、米ドルやユーロ紙幣のブラックマーケットが拡大しているのではないかと推察されます。極東では日本円でしょうか。正に30年前のデジャブです。
原油の値段が上がるとすべてに影響してしまいます。
何とか早くウクライナの問題が解決してほしいです。
しかし、今回はロシアがウクライナから撤退しても原油の値段は下がらないでしょうね。
ロシアへの経済制裁は当分続くと思います。
ウクライナを侵攻したロシアへの経済制裁強化を受け、週明け28日の原油相場は大幅高で始まっているそう「国際指標であるロンドン市場の北海ブレント先物(期近)は、日本時間朝の取引開始直後に1バレル105ドル台まで浮上」
他の方のピックを読んで思いましたが、石油がないと何もできない世の中になっているなぁと気づかされました。
ただ単にクルマの交通費が嵩むなぁという問題にとどまらず、食料、衣服、工業、そして発電まで石油に頼りっきりです。この観点から見ると影響を抑えるためにも電動化・水素化のアプローチはあってしかるべきだと思いました。
細かい数字は忘れてしまいましたがアメリカは不意打ちで多国籍軍に本土に攻め込まれても米軍の独立した武器弾薬燃料食糧のロジで1ヶ月は戦える兵站があるんでしたっけ。3ヶ月だったかも。日本はいろんなシナリオがありますが武器弾薬が特にネックになって1週間以外だった気がします。
で前置きが長くなりましたがアメリカがその平時の備えに加えて他国に侵攻しようとするとうまくカムフラージュしても需給バランスが変わるので石油相場から米軍の本気度を測る手法があるとかないとか。