新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「上司ガチャ」共感します。
今までの終身雇用から「転職」のオプションが出てきたのは良い事で、自分の市場価値を高めるためのキャリアアップが可能です。

ただ、就活してた時に周りの学生で「どうせこの会社もあんま居ないし、すぐ転職するわ」と入社前から言ってる人が多い気がしてて、なんか違うなあとも思ってました。

その会社にやりたい事があって、本気で業務に取り組んだ先にキャリアアップとしての転職がある訳で、最初っから踏み台宣言をするのは、個人的に好きではありません
配属ガチャについて
自分が何かしらやりたいことがあって入った企業なのに、やりたいことができなさそうな場所に配属されると、転職したくなるのはわかります。特に、成長意欲の高い今の若い世代ほどその傾向が強いのではないでしょうか。
一方で、まだ社会に出ていない学生が20年くらいの少ない人生経験で考えたやりたいこと(仮)が本当に自分のやりたいことなのかはわからないと思います。企業も、人事の方が何かしらの理由を持ってその人の配属を決めている(と信じていますが実際どうなんでしょうか?笑)ので、とりあえずはその配属先で「やり切る事」が大事なんじゃないかなと思っています。
『無理せず自分らしくいられるかどうか』
ウェルビーイングやQOLを意識する世代の当事者として、これは本当に大切なことだと思います。それを見極める大きな要素として、「上司との相性」が重視されているのでしょう。私自身、経験は浅いですが色々なアルバイト・インターン経験から、日常的に接する上司や同僚から、少しでも人として尊敬できる点が見出せるか否かで、日々の労働のモチベーションは本当に異なってくることを実感しています。

また、高度経済成長期当時は、日本的雇用慣行の代表格である長期雇用や年功序列が若年労働者の転職の封じ込めに効果的だったのでしょう。しかし、高度経済成長から程遠い令和時代において、当時の価値観が符号しないということは、当然のことのように感じます。だからこそ、流動性や多様性を尊重するミレニアルズ・Z世代にとって、転職はオプションとして常にあるものになるのではないかと考えます。
「上司ガチャ」があるなら「部下ガチャ」もあるんだろうなあ。記事に共感するところは多いけど、最近「ガチャガチャ」言い過ぎでは、とも思います。できるだけコントロールできない環境は減らしたいなあと思っています。
「配属ガチャ」「上司ガチャ」・・・経営幹部や管理職からすると厳しい言葉ですね。よく理解はできます。
何も抑圧された環境で無理して仕事をする必要はないし、自分に合う環境を探すのはある意味当然の権利だと思いますし、そうしたほうがいいと思います。

一方、あまり安易に考えないほうがいいかなとも思ったりします。
ビジネスをやる中で、取引先(お客様)で自分と相性の悪い人が窓口だったりしても、お客様を選べないのが普通。ビジネスをやるうえでは最低限の我慢が必要な局面もあるという例です。
何を言いたいかというと、自分の中での許容範囲も良く見極めたほうがいいということ。記事の中にも失敗例がありますが、あまり安易に考えると、いい仕事環境にも恵まれない気がします。

上司や同僚についても、ある程度は「多様性」を尊重しようね・・ということかもしれません。
優秀な人材ほど転職するような時代になると、「会社がやらせたいこと」と「本人がやりたいこと」とをうまくマッチングしてあげることは重要にはなってきますよね。

ただし、新卒時点でやりたいと思っていることがホントに本人に向いているかは分かりません。自分を振り返っても新卒時点の考えは十分深かったとは思えませんから。
意にそわない部署に配属になったことが結果的に自身のスキルになる場合もあります。

上司についての運不運は確かにありますが、特に大企業になると同じ上司に着いている年数など平均的に2年ぐらいでしょう。自分も上司も異動しますから。
いい上司だけでなく、反面教師のような人物と働くことで「自分はそうはならない」と学ぶこともあります。
Pro Picker石田さんが日経新聞の「若者5人に1人が転職希望」という記事を解説されています。配属ガチャがない会社以外に重視しているポイントについてもまとめられています。勉強になりました!