新着Pick

「餃子の王将」ギョーザと麺を国産化へ

産経ニュース
中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは8日、同日からギョーザの主要食材と麺用の小麦粉を国産にしたと発表した。7月に中国で起きた期限切れ鶏肉使用問題などで、食の安全に対する消費者の関心が高まっていることに対応した。
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一部の食材の「国産化」が「食の安全面を強化」することになるとは限らない。調理場の衛生や従業員教育も大事(餃子、全部手作りですよね)。「価値も引き上げていく戦略」は、競争力の源泉が「早くて、安い」の王将では疑問。「安全な国産食材への転換でも値段を上げません」が、我々の期待する「餃子の王将」!
この商品変更で値上げが受容されるか他の外食も要注目だね。
値上げは残念だけど、食の安全を守るのも大切!
原料が輸入と変わらなくなってきた。
為替が適正になればそういう動きが増えて当然。
リンガーハットも国産野菜で上手くいっていると聞くし、王将も支持されるだろう。
小麦粉の話か。完成品を輸入してたのかと思ってびっくりした。国で輸入した小麦粉の払い出し価格を下げるってニュースがありましたっけ。それに対抗する感じですね。円安が止まらないって見て農家を囲い込むんだとしたら鋭い。利用者も嬉しいし。
国産の食材が何でも良いって訳ではないんですけどね。イメージってほんと怖い。
国産野菜で低価格を維持できているリンガーハットは凄いと思う。
需要に供給が追いつかない事がありそうで少し不安になる。
農作物は天候によっては不作になる恐れもあるので、リスクヘッジの為に外国産の小麦もバランスよく仕入れた方が良い思うんだけど、王将は大丈夫だと判断したんでしょうね。
株式会社王将フードサービス(おうしょうフードサービス、英語: Ohsho Food Service Corporation)は、中華料理チェーン店の餃子の王将を経営する会社である。東証一部:9936。 ウィキペディア
時価総額
1,365 億円

業績