新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福利厚生、特にヘルスケア領域は従業員獲得という文脈でアメリカのテック企業が戦略的に様々な取り組みを提供し始めています。同時に人不足の影響から、伝統的な大手企業の活用も始まっています。

日本ではコストの関係などで人事総務の腰はなかなか重そうですが、人不足、採用方針の変化などで、福利厚生を戦略的に活用していく流れは高い確率で訪れると思います。
Carrot Fertilityはじめて知りました。教えて頂きありがとうございます。「そもそも福利厚生とは、社員に安心して働いてもらうためのもの」と聞いて、たしかに!となりました。あと、ビジネスモデルが気になる…
海外のFemTechスタートアップは福利厚生として法人への導入を進めるケースが一般的だと思います。増えすぎた福利厚生サービスの管理や利用のところで課題が生まれてそうですね。