新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
簡単に2つほど思った事を書きます。論文を読んでいないので、思い違いがあるかもしれません。

①各指では無く、前腕に電極を貼り付けてるので各指に対して独立に指示を出せないのは自然です。指に電極を貼り付けない理由として考えられるのは❶指に貼り付けられるほど、電極のサイズを小さく出来ない。❷指に電極を貼り付けると、操作の邪魔になる。ただ、この点に関しては機械ブレーキを各指に付けているので、考えなくて良いかもしれません。

②各指の望まない振動(ハンチング)を機械ブレーキの位置制限によって除去している。従来は電気信号のみを用いて、指の位置をフィードフォワード制御していた為、位置の誤差が生じる。今回の手法はフィードバック制御してる訳ではなく、フィードフォワード制御に対してブレーキを付加しただけだと思います。指に対して電気信号で動きのアクセルの指示を与えて、あとはブレーキの部分に位置決定を任せるという構造と思われます。

面白いアイデアを実装した開発ですが、裏側の技術的な側面に関しては、割と原始的な理論を用いているだろうなという印象です。
すごいなぁ。

翻訳機もいまとても優れているし、
語学の勉強も楽譜を覚えることもなくなっていくのかなぁ
手話などには、最高のソリューションになるでしょうね。

逆に楽器の演奏は「ON/OFF」ではなく、「タッチ」が重要なので、練習用に限定されるでしょうね。

先生の運指のデータを、そのまま生徒に伝えられたら、すごいかも。

それにしても、こういったことを考える人がいることは、すばらしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「装着者の各指を動かしてピアノやギターの演奏をレクチャーするチュートリアル・アプリケーション」や、「難聴者向けにテキストを指文字に変換する補助アプリケーション」など、可能性がすごく興味深い!面白いなぁ