新着Pick

東京原油、今年最大の下げ幅 オミクロン株の感染拡大で

共同通信
週明け29日の東京商品取引所で中東産原油の先物が急落した。株価終値に相当する1キロリットル当たりの指標価格の清算値は4万9580円を付け、2カ月ぶりに節目の5万円を下回った。下げ幅は前週末比3630円。今年最大で、昨年4月下旬以来約1年7カ月ぶりの大きさとなった。
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは備蓄の放出の結果ではなく、オミクロン株が再度ロックダウンを引き起こし、需要が激減することを織り込んだ動きだろうな…。
新しい変異株の出現で経済活動が萎縮してしまうとの見立てで原油価格下落。未知のウイルスの出現と収束をネタに儲けようとしても強靭なウイルスの変化にはついてゆけない。
原油相場も投機筋の思惑で上がっていただけのこと。

潮目が変わったと判断した投機筋が「売り」に変わったのでしょう。
原油価格高騰に楔を刺すためにオミクロン株が出てきた…とか勘ぐりたくなるほどのタイミングですが。
あくまで、先物、の話しですね。その上で現物価格がどうなるか、産油国が更なる生産調整を行うのか、がポイントかと思います。