• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新生銀行、買収防衛策を撤回 SBIから社長受け入れ

日本経済新聞
286
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Aki Mori
    badge
    金融・企業財務ピッカー / 京都大学大学院在籍

    途中グダグダありましたけれど、SBI/新生銀行取締役会の対立(*)は当初想定通りの決着になりそうです。一昨年のヤフー/アスクルの対立と同様に、いわゆる敵対的TOBディールであっても、日本でも資本市場の参加者がある程度予見可能な「まともなところに落ち着く」というプラクティスがまた一つ貯まります。

    今回のSBI/新生銀行のバトル、ヤフー/アスクルのバトル、リクシル騒動、東芝騒動は、それぞれ別個の取引ですけれども、全体を鳥瞰してみれば、日本の資本市場の高度化(正常化)に必要だった一連の大きなプロセスなのかもしれないなと思います。

    * なお、今後は他の株主がSBIに対してTOB価格の引き上げを求めるなどの活動はあるかもしれません


  • 野﨑 浩成
    badge
    東洋大学 教授

    落ち着くべきところに落ち着いたとはいえ、着地のさせ方が気持ち悪く、腹に落ちません。リークの末の判断のような後味の悪い結末です。
    どうせなら総会で議案を否決されたうえで、堂々と撤退すべきです。


  • 村上 誠典
    badge
    スタートアップ経営/シニフィアン共同代表

    これで純粋にTOBへの応募率で決まることになりました。買収防衛策の取り下げの次は、賛同表明ですね。これまでのやり取りで一定交渉の経緯は示せましたから、どこかで賛同表明も出るのでしょう。そうすれば敵対的買収は回避されます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか