新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポイントはレベル4の定義である「あらかじめ定められた特定エリア内において」という部分です。自動運転に向いた環境において、実践投入することは可能でしょう。

この記事サムネイルのような道路環境では問題ないと思います。逆に言えば、混雑した都市部では、かなり難しいでしょう。つまり「あらかじめ定められた特定エリア内」の定義次第ということです。

(以下、記事中から引用)
自動運転レベル4では、あらかじめ定められた特定エリア内において、緊急時においても人が運転を代わることが想定されていない。EasyMileがフランスで得た許可も、セーフティドライバーが乗っていない状態での走行を認めるものだという。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
フランスの自動運転スタートアップ「EasyMile」が欧州で初めて公道における「自動運転レベル4」(高度運転自動化)の走行許可を得ました。

指定エリア内では緊急時においても人が運転を代わることが想定されておらず、セーフティドライバーが乗っていない状態での走行するそうです。

EasyMileのプレスリリース:https://easymile.com/news/easymile-first-authorized-level-4-autonomous-driving-public-roads
流石に場所によるのでは?
レベル4が成功すれば、大きく世界は変わるように思います。

限定された領域とはいえ、緊急時にも人が代わることが想定されていない、ということは、人件費が大幅に下げられます。

レベル5が登場するのにはまだまだかかるように思いますが、
自動運転車を中心として都市を再設計することによって、レベル4でも、レベル5に近い有用性を生み出すことができるかもしれません。