252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一時的にガソリン価格は下がるだろうが、OPEC+が増産しないという現状に対して焼け石に水。アメリカのシェールがスウィングプロデューサーになっていないのが気になる。
米国が日中韓印に協調対応を働きかけているとされる備蓄の放出。WTI原油先物価格は話が出た11月19日こそ始値78.27ドルから終値75.64ドルに下がりましたが、その時点でたぶん織り込み済みで、足元でさしたる値動きは見られません。OPECが生産量を増やさぬ中で備蓄を放出しても所詮は限度があるわけで、価格抑制効果は高が知れているように思います。
トランプ政権の時代なら良かれ悪しかれ世界最大の産出力を持つに至った米国のシェールオイルが増産されたでしょうし、シェールオイルにシェアを奪われることを怖れる産油国が増産して価格を抑える動きも出たでしょう。今回の価格高騰は、シェールオイルを抑え込むバイデン政権の脱炭素政策が招いた側面もありそうです。自動車社会の米国でガソリン価格の上昇は庶民の懐を痛めて不満を買い易く、バイデン政権にとって辛いところじゃないのかな・・・ (・・;
個人的に、『備蓄放出』は『為替介入』に近い感じがして、変なモヤモヤが残るのよね(汗) 今は、マーケットは反応しているけど…
ロシアとアメリカの、オイル&ガス外交も気になる。
ここまで値上がりしてくると、シェールガスも採算取れやすくなるのかしら?
既に要請の報道出てましたから、市場は織り込み済みですので、原油先物の反応は限定的です。
日本の法律では備蓄を放出できるのは紛争や災害時に限られており、備蓄原油を価格調整に利用することは想定されていません。支持率低下に直面しているバイデン大統領の政権浮揚策に同盟国が追随を余儀なくされた感がうかがえます。
いま9時のNHKニュースで、速報が入り、国家備蓄の数日分を放出、と報じられたが、これは典型的なガナルカナル手法なのです。なぜならこういうケチ臭いやり方では価格高騰に対するアナウンス効果がない。しかも年内になどと言っているが、即3カ月分とか決断すればよいのだ。備蓄は240日分(うち国家備蓄150日分)もあるのだから。オイルショックの際にはたった1週間分しかなかったのだよ、それを考えれば備蓄は充分にあるはず。役人はリスクを取りたくない(取れない)ので低めの数字を出したがる。これでは政治の出番になっていない。
 だいたい備蓄は貯めることが補助金(税金)目的の歪んだビジネスになっている。
産油国も一枚岩じゃありません。
高値で売り抜けたいと考える国が出てくるでしょう。

市場放出を続ければ、産油国の結束を切り崩せると期待しています。
市況を見極めながら、各国政府が量的介入をするとは、まるで外国為替市場のよう。そもそも、有事用に備蓄していた石油だが、まるで外貨準備を想起させる。
感謝祭に合わせた一時的なインフレ対策。
一旦は宣言することによってマーケットを刺激してると思うのでやるかどうか、どの程度やるかもうちょっと後になりそうです。